スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | -

<< JBマスターズ・プロ・シリーズ第4戦 野尻湖 | main | JBマスターズ・プロ・シリーズ第5戦 野尻湖 >>

JB霞ヶ浦第4戦(2008/10/5)

■プラクティス
 1週間前は日曜日だけ大山スロープから出船した。最近、東風の日が多く、東岸をメインに展開して行こうと思っていたが、せっかく大山から出たので、10:00くらいまで古渡の湾内をひとまわりチェックした。


 普通のラバージグ、スモールラバージグ、ヘビーダウンショットでシャローカバーを撃つが、反応なし。水色も茶色っぽく、水質が良くない。


 対岸に移動。減水気味なので、ジャカゴなどの水深が浅いカバーは捨て、主にドッグのみお筋にからむ石積みを狙った。石積みにはエビやヨシノボリなど、バスの餌となる生き物がたくさんいる。スモールラバージグ、3インチワームのジグヘッドリグで探っていくか、なかなか反応がない。


 ひたすら撃っていって、昼過ぎにようやく300gくらいのバスが釣れた。


 しかしそれから夕方までまだ反応なし。17:00過ぎ、7gのフットボールジグに変更し、スイミングで探る。トレーラーは3インチグラブだ。これを石積みに投げると着水直後のフォーリングでバイト。サイズもさっきより大きい600gくらい。


 ドッグの石積みもいくつかチェックすると、バイトがあった。あ、これ行けるかも!?昔、今よりもう少しつれていた時期の霞ヶ浦で、ちょっと涼しくなってきた時期にフットボールのスイミングで数釣りできたことがあった。もう少し試してみたかったが、暗くなってしまったのでプラ終了。


 前日プラは、大会で使わないエリアでラバージグのスイミングを試しつつ、クランクベイト、スピナーベイトでの反応も見た。西岸のドッグで600gくらいのバスをキャッチ。ルアーはよりゆっくりスイミングさせるために作ってきた5gのラバージグだ。


 ということで、大会ではこれをメインで展開することが決定した。さらに、メインとする東岸はルアーを投げずに水質とベイトフィッシュだけチェックした。時間があまったので、小高干拓のテトラでラバージグのスイミングを試してみると、まもなく1100gが釣れてしまった。なにげにプラクティスで一番いいサイズのバスだ。東岸ドッグで釣れなかったら、干拓テトラも撃つかな?と思いながらプラクティスを終了した。


■試合当日
 狙うエリアは東岸、霞ヶ浦大橋までのドッグだ。スタート後、まず玉造方面のドッグに向かう。この辺のドッグは人気があるので、人が入れ替わり立ち代り入るはず。人がいても気にせず、空いてるドッグをテンポよくランガンしていく予定だ。

 主にラバージグ5gのスイミングで探る。よりスローに引くため、トレーラーはダブルテールグラブを使用した。フォローで、エビっぽい3インチワームのネコリグ、スモールラバージグも用意した。


 ドッグを順番に撃っていくが、思ったほど反応がない。それでもとにかく時間いっぱい、この単純作業を繰り返すことを決めていた。ヨシノボリなどのベイトフィッシュが前日より見えなくなっていた。


 4つ目くらいのドッグでようやくバイトがあったがニゴイだった。ま、魚がいるということで前向きに考える。


 一番霞ヶ浦大橋寄りのドッグまで北上して、ラバージグをスイミングしていくるときにようやくバイト。抜き上げたバスは、キーパーサイズ(25cm)カツカツの300gくらいのバス。ま、これで手ぶらで帰ることはなくなったので、貴重なキーパーだ。このときすでに10時くらい。


 今度は戻りながら(南下しながら)、再度ドッグをランガンする。一度釣りをしたドッグも、人がいてパスしたドッグも順番に撃っていった。途中から東風が吹いてきたので、朝一口を使わなかったバスの活性が上がることも前向きに期待した。


 11:00頃、小高の干拓近くまで南下してきたので、干拓のテトラを流すことにした。テトラが張り出してある場所をGPSにマーキングしてあるので、その場所を中心に釣っていこうかと思ったが、時間をかけてまんべんなく流していった。


 しかしまったく反応がない。途中でクランクベイト、スピナーベイトにローテーションするが反応なし。ここで1時間くらいかけて、テトラを半分くらい流した。今思えばちょっと時間をかけすぎだが、前日に1100gが釣れていたので粘ってしまった。


 テトラを南端まで流し、隣の小高ドッグに移動。トーナメントブックを見て禁止エリアを確認してから釣り開始。7gのフットボールジグをキャストすると数等目、着水直後にいきなりバイト。1匹目より大きなバスで、夢中でボートに抜き上げた。このとき12:20。帰着時間は13:10なので、もう時間がない。そのあとダッシュでドッグを2個撃ったがバスを追加できず帰着に向かう。


 常陸利根川に帰ってきて、着替えてボートにフェンダーを付けて、会場横のテトラを撃つ。ルアーはもちろんラバージグだ。10分ほど釣りをしたが、リミットメイクできないまま帰着した。


 検量すると、2本で1040g。順位は29位(138人中)だった。全体的にローウエイトで1255gで賞金圏内(15位)だった。もう1匹釣れればよかったのだが、プラで決めたことを実行し、そのとおり釣れたので、悔いはない。干拓のテトラでちょっと時間をかけすぎたが、全体的には順調な展開の試合だったと思う。


 友人の増崎選手が年間優勝でした。おめでとうございます。

 
検量したバス / スタート前の様子

 
今回の表彰台 / 年間順位

JB霞ヶ浦 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -

スポンサーサイト

- | 22:40 | - | - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback: