スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | -

JBマスターズ・プロ・シリーズ第5戦 野尻湖

■プラクティス
 1週間前は、日曜日だけプラに行った。朝一桟橋を流したがノーバイト。そのあと、ディープフラット、バンクのディープを釣り込むが、バンクで20cmくらいのマメさんが1匹釣れただけ。

 なにげなくシャローの倒木を見ると、キロアップのラージがサスペンドしていた。サイトフィッシング、ブラインドを混ぜながら再びシャローうちをするが、16:00の終了時間となってしまった。

 1週間、あれらのラージをどう釣るか、ずっと考えていた。

 前日プラでは、シャローには手を付けずに、フラット、バンクのディープを釣り込んでみたが、まったく釣れなかった。その他、試合で撃つ、倒木などのシャローカバーの規模、魚の有無などを、ロッドは持たずに軽くチェックした。


■1日目
 車中泊だったが、ぜんぜん寒くなく、朝5時までぐっすり眠れた。いつものようにコーヒーを沸かして準備開始。

 ランチング後、大会会場に向かう。天気は晴れ。見るからにタフな感じ。プラの感触だと、昼くらいから魚が倒木の上に浮きはじめるので、フライトは遅い方が良かったが、こういうときに限って第1フライトだ。

 予定通り、ラフィーネマルタから寺ヶ崎のストレッチに入る。なるべく遠くからビッグバドを遠投する。いくつかの倒木を流すが反応なし。今度はラバージグ+ビッグダディで倒木やブッシュの奥を撃っていく。ルアーを撃ち込んだあとのシェイクも長めだ。

 見えバスもいたので、その他、PEラインのスピニングタックルでノーシンカーリグ、スモールラバージグもローテーションした。

 今度は桟橋に移動。ラバージグ中心にタイトに撃っていくがまったく反応がない。前回の試合より減水しているので、シャローフラットにある桟橋は厳しそうだ。

 ブレイクが寄っているバンクに絞って、倒木などをランガンする。朝一見えバスがいたストレッチに戻る。別の倒木でバスを発見し、粘ってみたがノーバイトのまま帰着時間になった。

 検量率は半分くらい。ディープをやってもそれほど釣れるわけではなさそうなので、2日目もシャローを釣ることにした。


■2日目
 この日は第2フライト。1日目と同じストレッチに入る。まずは巻物で(っていうか相変わらずビッグバドなのだが)軽くチェックしたが、この日はサイト中心で攻めて行った。

 1日目、ビッグバドを通して、ラバージグを撃って、やっぱりいないのかなぁ?と見に行くとバスがじっとしているパターンが何回かあったので、そういうルアーでは食わないような。ま、ライトリグなどでアプローチしても、ふわーっと逃げてしまうことが多い。

 しばらくすると、岸際でボイル発生。すかさず手に持っていたスモラバをキャストするが反応なし。そして数投目にネガカリ。かなりいけてないなぁと思い外しに行くと、ラージの3匹の群れが泳いでいた。サイズは30cmくらいであまり大きくないが、こんな浅いところでフィーディングしているのはプラを通しても初めて見たのでびっくりした。

 ネガカリを外した後も何回かボイルがあったので、ジグヘッドリグのスイミングを中心に、シャローを撃っていった。

 そのあと水深がある桟橋に移動。1日目同様、ラバージグでさらっとチェックしてみるがやっぱり反応がないので、倒木に戻る。

 バスは結構いるので、それからはサイト中心で時間いっぱい釣るが結局口を使わせることはできず、帰着してゼロ申告をした。

 優勝はシャッドのキャロでディープを征した吉田博選手。マリーナでたまたまボートが隣だったので、使ったルアーやタックルなどを詳しく教えてもらった。

 そして、友人の金子選手が年間6位でTOP50の権利を獲得した。本当におめでとう!TOP50での活躍を期待したい。



 
マリーナの朝 / スタート中

 
表彰台

JBマスターズ・プロ・シリーズ | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -

JBマスターズ・プロ・シリーズ第4戦 野尻湖

■プラクティス
 お盆休みに3日間泊り込んでプリプラをした。そのときはラフィーネマルタ前の6mラインにワカサギが溜まっていてよく釣れた。試合までは1ヵ月もあるので、直前のプラではそこを起点に、続きを探せればいいと思っていた。

 しかし2週間後のTOP50で、青木選手がその場所で優勝したので、マスターズの選手が増えることが予想された。

 前日プラでラフィーネマルタ前をチェックしに行くと、ベイトフィッシュは9mラインまで落ちていて、予定通り1匹釣れた。思ったほど選手も多くなかったので、試合ではここで2日間釣りをすることにした。


■1日目
 第1フライトだったので、狙っていた場所に1番乗りする。しかしなんか様子が違う。魚探を見ても魚が空っぽだ。前日見たときはもう少し魚が多かったような気がしたのだが。キャロライナリグでスローに探っていくがバイトはない。

 天気は雨。こんな天気ならシャローでも撃った方がいいなかぁ?と思い、気まぐれで近くの倒木にビッグバドを投げるといきなりバイト!しかし、ゴンとルアーを小突かれたようなアタリで乗らなかった。水面に緑色の見慣れた魚体が見えたが、サイズはなかなか大きそうだった。

 そのあとまたディープでキャロを引くが、シャローに目が行ってしまい、落ち着いて釣りができなかった。

 そこで病気が発病。ビッグバドの他に、バズベイトもリグってシャローを撃ちに行った。主に桟橋などを回っていった。

 とある桟橋に移動。基本的にビッグバドで流していったが、もう少しタイトに撃つかと思い、ラバージグにチェンジ。トレーラーはお気に入りのビッグダディだ。

 ミスキャストしないように、1回素振りをし、桟橋の近くにキャストすると、桟橋の下からバスが出てきてうろうろスプークしてしまった。

 そのあと、桟橋にタイトにキャストすると、なんとそのバスがルアーに突進してバイトした!あとは無我夢中にやりとりし、ボートの上に抜き上げた瞬間にフックが外れた。もちろんラージであとでウエイトを測ったら1100gだった。ラインは20lbなので切れる心配はなかったが、途中でフックが外れて落とさなくてよかった。

 その後も桟橋をビッグバドとラバージグで撃っていく。またラバージグを撃っているとバイト!バスが口を開いた瞬間にフッキングしたが、なんとすっぽ抜け。ラバージグのブラシガードをもう少し間引いておけばよかったか?

 桟橋をだいたいひととおり撃ち終わり、朝一バイトがあった倒木に移動。ビッグバドをメインに流していくがさすがに2回目はないようだ。

 そのまま、そのストレッチを流していく。しばらく進むと、割としっかりした倒木があった。その横をビッグバドでカチャコン、カチャコン引いてくると突然水面が割れた!

 ベイトリールをキャスティングのグリップのままリトリーブしていてすっぽ抜けそうになったので急いでパーミングしなおす。ラインは16lbなので、切れる心配はなかったが、フックが一本しかかかっていなくて、今にもバレそうだった。

 冷や冷やしながらやり取りしているうちに、魚が下に突っ込んで、もう一本のフックが刺さってくれた。なんとか持ちこたえ、慎重にネットでランディング!あとで測ったら1400gのラージだった。

 その後も倒木を中心にランガンしてみたが、それ以降バイトはなかった。1日目のウエイトとしてはもう十分かな?と思い、もう一度ディープの様子を見に行った。狙っていたエリアはやっぱり魚影が少なくなっていて、釣れる気がしなかった。

 帰着は14:00だったが、釣れていたので13:30頃、早めに帰着に向かった。検量すると2542g。初日9位で折り返した。


■2日目
 2日目の作戦はいろいろ迷った結果、ディープフラットのワカサギにつくスモールを狙うことにした。シャローで押し切ってもいいのだが、2日目の天気は朝から晴れのベタなぎ。桟橋のシェードの釣りならまだしも、トップウォーターで出す自信はなかった。

 1日目9位という好成績も初めてだし、ノーフィッシュのリスクを負うよりは、確実に1匹釣りたかったというのが本音だ。

 悩んだ結果、あえて琵琶島西の大船団に入ることにした。ディープもお盆にしっかり釣り込んだし、そこそこ釣り負けない自信もあった。

 2日目も第1フライトでしかもフライトナンバーの大きい方からスタートするので、狙っていた場所にほぼ1番乗りで入った。

 魚探に映る9m前後の魚をキャロライナリグとダウンショットリグで狙っていく。ボートが並ぶ前にさっさと1匹釣りたかったが、沈黙。フライトが終了し、60艇くらいの大船団ができたあとも天気は晴れのベタなぎで、周りを見ても釣れいていない。

 入る場所を間違えたかな?と思ったが、しばらくすると風もそよそよ吹いてきて、ポツポツ釣れ始めてきた。魚探に映るベイトフィッシュにもバスがリンクしていて、すごく釣れそうな映像だ。

 2匹目3匹目を釣る選手もいる中、自分には釣れない。きっと来る〜♪と唱えながら、ワームをいろいろローテーションしながら探っていく。

 10時くらいだったか?前半戦が終了したところで、集中力が切れた。釣れてればともかく、このままディープで心中するわけにはいかない。どうせ砕け散るならシャローを撃たないと後悔するだろう。

 船団を抜け出し、桟橋を撃ちに行った。すっかり日が高いが、風が吹いていることがせめてもの救いだ。船団から見ていた限り、シャローを撃っている選手は1人もいなかった。魚が温存されていることを信じて、ラバージグ+ビッグダディを撃っていく。

 昨日バイトがあった桟橋から撃ち始めた。いるのかいないのか分からないが、魚の姿は見えなかった。

 桟橋をひととおり撃ったところで、倒木に移動。さすがに明るくて、そこの方まで丸見えなのでビッグバドは控えめにし、カバーの奥にラバージグを撃ち込んでいった。

 めぼしいカバーをひたすら撃ったが、バイトはない。帰着1時間前の12時頃、小さいバスでもなんでもいいから釣れてくれ!と思い、ベイトフィッシュとバスが映るラフィーネ横のバンクの8mラインにキャロライナリグを投げ始めた。12:20分頃、待望のバイト!慎重に引き上げてくるが、ネットでランディングしたスモールマウスバスはなんとノンキーパー。

 そこで12:40まで粘り、ノーフィッシュのまま帰着に向かった。

 初日8位だった選手が2日目も3匹釣り、4位に入賞した。初日9位の私はノーフィッシュで順位も84位まで落ちた。朝一の船団ではボートを並べて釣りをしていて、その時点ではどちらにも表彰台のチャンスがあったのだが、まさに天国と地獄だ。



  
スタート前 / 検量したバス / スタート中

  
朝、受付へ向かう / 表彰台 / プラではこんなルアーでも

JBマスターズ・プロ・シリーズ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -

JBマスターズ・プロ・シリーズ第2戦 河口湖

■プラクティス
 1週間前のプラでは、30cmカツカツのネイティブが1匹釣れただけ。6/20の放流魚もぜんぜん釣れなかった。イースタンなどの試合がいろいろあったため、放流魚はほとんど橋内に運ばれているだろうと思い、前日見に行ってみると、畳岩で2匹釣れた。


■1日目
 第一フライトだったので、前日釣れた畳岩に向かったが、一番入りたい場所には先行者がいたため、声をかけてその横に入った。目の前で先行者が3匹釣るのを見ながら、こちらはノーバイト。ノンキーパーが1匹釣れただけ。


 先行者はずっと粘っていたので、西川方面に流しながら溶岩を撃つ。まったく釣れないので、プラでカツカツが釣れた鵜の島東のハンプに移動。ギルが無限に釣れるだけで、バスは釣れない。ギルを釣ると、でかいバスが追いかけてくるので、ギルをボートの上に抜き上げた瞬間、すぐにスイムベイトを投げるが、それには見向きもしない。


 ノーフィッシュで帰着。


■2日目
 この日も第1フライト。リリースフィッシュを狙うため、JB桟橋付近に向かう。3番目に到着した瞬間、1番目と2番目に入った人がダブルヒット。あわててルアーを投げたら自分はネガカリ。


 桟橋をひたすら撃つが、反応無し。


 過去放流を狙いに、3連ワンド方面に行く。サイトで魚を見つけられたが、食わせに至らない。


 行き場を失い、鵜の島東のハンプに入る。時間まで釣りをし、ノーフィッシュで終了。まったくリズムが噛み合わない試合だった。


 今年からチームα-sightに入ったTOP50の星野さんが優勝しました。おめでとうございます。



 TOP50 星野宏明選手

JBマスターズ・プロ・シリーズ | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -

JBマスターズ・プロ・シリーズ第1戦河口湖

■プラクティス
 プラは2週前に2日、1週間前に1日、あとは前日だ。クラッシックの前に放流があったが、マスターズの頃にはどうせ釣れなくなると思い、なるべくネイティブのパターンを探すことにしていた。


 結局これという釣りは見つからず、放流でも釣るかと思い、桟橋に投げたスモラバにたまたま1キロくらいのネイティブのバスがバイトした。


 その後、ゴールデンウィークに向けて、4/23(水)にまた放流が入った。ネイティブは難しいし、放流戦になることが明白になった。


 今回、2種類の放流バスが入っている。クラッシックの前に放流されたバスはヘラブナのように体高があり、大きいものでは1キロ以上の魚もいる。通称、メタボバス、メタボンなどと呼ばれているバスだ。


 水曜日に放流されたバスはあまりウエイトがなく、ノンキーパー(30cm未満)も結構いる。色が黄色っぽく、通称キハダ、金バスなどと呼ばれている種類だ。


 多くの選手が、放流でそろえたあとにネイティブを入れる必要があるか、または放流狙いでも、いかにメタボを釣るか、放流直後で釣れやすいキハダを狙うか、さまざまな作戦を考えていたはず。


 水曜日の放流はハワイ、大石、小海、国友ボートだった。4/20から保安区域も設定されている。前日プラで見た感じでは、ハワイから広瀬が1級ポイントとなりそうだった。


 
桜が咲いていました / プラで釣れたネイティブ

--------------------------------------------------------------------------------


■1日目
 私の作戦はやっぱり放流狙い。最近放流されたバスはとても足が早く、放流地点にあまりとどまっていない感じがする。1mくらい減水していて魚の付き場が少なく、回遊してしまっている感じ。アシやウイードがほとんどないので、桟橋のようなしっかりしたカバーに魚が溜まっている感じだった。放流地点だけでなく、岸沿いに横にたどっていったところにある桟橋もキーポイントだった。


 今回はそのような桟橋にスモラバを突っ込んでロングシェイクで食わす作戦だ。

 しかし、なんと1日目のスタートは最終フライトの最後の方だった。すべての桟橋には先行者が入っているはず。もう、行き場がないなぁと思いながらフライトを待っていると、河口湖大橋でUターンする選手が少ないことに気付いた。


 ここ2週間の間にクラッシック、JB河口湖A、マーキュリーオーナーズシリーズと3試合もあったので、西川の溶岩帯で最近の大会の再放流を狙うかと考えた。それらの大会で持ち込まれた魚の多くがメタボバスでウエイトいいからだ。


 しかし、フライト後ふと見ると河口湖大橋の橋脚が空いていた。桟橋じゃなくても、しっかりしたカバーだから放流バスが付いていると思われる。


 まずは遠目からクランクベイトでざっくり探ってみるが反応なし。橋脚の土台のトップは浅くなっており、その上の岩にポークのダウンショットを投げるとバスの姿が見えた。次の瞬間バイトして、無事ランディングしたのだが、残念ながらノンキーパーだった。


 そのあと、桟橋でやろうと思っていたスモラバのロングシェイクに変更。橋脚の土台は水深1m以下から、6mくらいまで落ち込んでいる。その土台にスモラバを引っ掛けてぶら下げる。中層でロングシェイクしていると、待望のバイト!桟橋の中を撃つために巻いてきたPEライン+6lbフロロというヘビーなラインなのでドラグも出さずにグリグリ巻いてランディング。キーパーサイズのメタボだった。


 その後もひたすらコンクリートにスモラバを引っ掛けてシェイクを繰り返す。しばらくすると土台のトップにバス発見!30cmあるか、微妙だったが、サイトで時間をかけて釣ってみる。。。ようやくポークのダウンショットにバイトしたが、惜しくもノンキーパーだった。ちょっとロスタイム。


 さらに橋脚の土台を撃っていくと、同じ釣り方で2匹目を追加。その後、バイトがなく、3時間くらい粘ったところで移動。


 今度は水曜日の放流地点に程近い小海の桟橋。前日見た感じではかなり放流バスが溜まっていて、なんと40cmくらいのネイティブのバイトもあった場所だ。(すっぽ抜けたので、ランディングはしていない)到着すると知り合いの先行者がちょうど出るところだったので入ることができた。


 桟橋の奥にバスの姿がちらほら見えた。これらのバスをなんとかして釣らなければと思った。スモラバをスキッピングして桟橋に引っ掛け、ひたすらシェイクする。


 この日は、前日プラで見ていたカバーを転々と回っていこうと思ったが、目の前にバスがいて、プラではこのようなバスを確実にキャッチできていたので、この桟橋で帰着時間まで心中した。


 結局2匹で検量。1316gで初日60位だった。


 桟橋に入っていた知り合いの先行者とあとで話したところ、私が行く前にノンキーパーも含め6匹も掛けたとのこと。私が入る頃にはかなりプレッシャーがかかっていたようだ。


 
 スタート中の様子 / 検量したメタボ(筆者もメタボ)

 

--------------------------------------------------------------------------------


■2日目
 各地の放流バスは1日目にだいぶ釣りきられただろうということで、2日目の作戦は橋内の再放流狙いだ。同じ作戦で、スタート後Uターンする選手が多かった。この日は第2フライトの最初の方だったので、狙っていた西川溶岩帯に割りと早めに入れた。 


 ボートが並んでプレッシャーがかかる前にちょっとだけクランクベイトで探ってみたが、反応なし。その後はライトリグに持ち替え、サイトとブラインド半々くらいで探っていく。使用したリグは、1日目と同じくヘビーラインのスモラバと、ポークのダウンショットがメインだ。


 たまにバスの姿が見えるが、全く反応しない手強い魚ばかりだ。周りの選手もあまり釣れていなくて、状況は良くない。再放流狙いという作戦は失敗だったようだ。


 我慢できず、移動。橋の外に出ようと思ったが、沖の台地に誰もいなかったので、ちょっとだけチェック。所々枯れウィードがあり、ここにも放流バスが流れてきていないか期待したが、反応なし。ここは粘らずに30分くらいで移動。


 小海の桟橋に移動。前日プラ、1日目と同様、バスの姿はちらほら見えるが、反応なし。さすがに2日目もここで心中するわけにはいかず、早めに移動。


 広瀬〜ハワイに移動。前日プラでは、沖の杭にバスが付いているのを見ていたので、スモラバで撃っていく。杭にひっかけ、ゆっくり探っていきたいのだが、風がやや強く釣りにくい。そのまま漕艇場方面まで流していく。途中からミノーやクランクベイトも交えながら流していった。


 時間もなくなってきて、放流1匹釣ったところで、順位が上がらないと思い、大物ネイティブでも来ないかなぁと思ったが、そんなに甘くはない。


 また橋内に戻ろうかと思ったが、ふと見ると1日目釣った橋脚が空いていたので、そこに入った。帰着まで1時間ほど釣りをしたが、反応なし。ノーフィッシュのまま帰着した。


 結局、総合90位でフィニッシュ。あとで結果を見たところ、1日目の検量率が75%に対し、2日目は38%まで落ちていた。1匹が貴重な大会となり、1匹でも検量できていれば、順位が上がっていたようだ。




 
 

JBマスターズ・プロ・シリーズ | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -