スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | -

JB霞ヶ浦第4戦(2008/10/5)

■プラクティス
 1週間前は日曜日だけ大山スロープから出船した。最近、東風の日が多く、東岸をメインに展開して行こうと思っていたが、せっかく大山から出たので、10:00くらいまで古渡の湾内をひとまわりチェックした。


 普通のラバージグ、スモールラバージグ、ヘビーダウンショットでシャローカバーを撃つが、反応なし。水色も茶色っぽく、水質が良くない。


 対岸に移動。減水気味なので、ジャカゴなどの水深が浅いカバーは捨て、主にドッグのみお筋にからむ石積みを狙った。石積みにはエビやヨシノボリなど、バスの餌となる生き物がたくさんいる。スモールラバージグ、3インチワームのジグヘッドリグで探っていくか、なかなか反応がない。


 ひたすら撃っていって、昼過ぎにようやく300gくらいのバスが釣れた。


 しかしそれから夕方までまだ反応なし。17:00過ぎ、7gのフットボールジグに変更し、スイミングで探る。トレーラーは3インチグラブだ。これを石積みに投げると着水直後のフォーリングでバイト。サイズもさっきより大きい600gくらい。


 ドッグの石積みもいくつかチェックすると、バイトがあった。あ、これ行けるかも!?昔、今よりもう少しつれていた時期の霞ヶ浦で、ちょっと涼しくなってきた時期にフットボールのスイミングで数釣りできたことがあった。もう少し試してみたかったが、暗くなってしまったのでプラ終了。


 前日プラは、大会で使わないエリアでラバージグのスイミングを試しつつ、クランクベイト、スピナーベイトでの反応も見た。西岸のドッグで600gくらいのバスをキャッチ。ルアーはよりゆっくりスイミングさせるために作ってきた5gのラバージグだ。


 ということで、大会ではこれをメインで展開することが決定した。さらに、メインとする東岸はルアーを投げずに水質とベイトフィッシュだけチェックした。時間があまったので、小高干拓のテトラでラバージグのスイミングを試してみると、まもなく1100gが釣れてしまった。なにげにプラクティスで一番いいサイズのバスだ。東岸ドッグで釣れなかったら、干拓テトラも撃つかな?と思いながらプラクティスを終了した。


■試合当日
 狙うエリアは東岸、霞ヶ浦大橋までのドッグだ。スタート後、まず玉造方面のドッグに向かう。この辺のドッグは人気があるので、人が入れ替わり立ち代り入るはず。人がいても気にせず、空いてるドッグをテンポよくランガンしていく予定だ。

 主にラバージグ5gのスイミングで探る。よりスローに引くため、トレーラーはダブルテールグラブを使用した。フォローで、エビっぽい3インチワームのネコリグ、スモールラバージグも用意した。


 ドッグを順番に撃っていくが、思ったほど反応がない。それでもとにかく時間いっぱい、この単純作業を繰り返すことを決めていた。ヨシノボリなどのベイトフィッシュが前日より見えなくなっていた。


 4つ目くらいのドッグでようやくバイトがあったがニゴイだった。ま、魚がいるということで前向きに考える。


 一番霞ヶ浦大橋寄りのドッグまで北上して、ラバージグをスイミングしていくるときにようやくバイト。抜き上げたバスは、キーパーサイズ(25cm)カツカツの300gくらいのバス。ま、これで手ぶらで帰ることはなくなったので、貴重なキーパーだ。このときすでに10時くらい。


 今度は戻りながら(南下しながら)、再度ドッグをランガンする。一度釣りをしたドッグも、人がいてパスしたドッグも順番に撃っていった。途中から東風が吹いてきたので、朝一口を使わなかったバスの活性が上がることも前向きに期待した。


 11:00頃、小高の干拓近くまで南下してきたので、干拓のテトラを流すことにした。テトラが張り出してある場所をGPSにマーキングしてあるので、その場所を中心に釣っていこうかと思ったが、時間をかけてまんべんなく流していった。


 しかしまったく反応がない。途中でクランクベイト、スピナーベイトにローテーションするが反応なし。ここで1時間くらいかけて、テトラを半分くらい流した。今思えばちょっと時間をかけすぎだが、前日に1100gが釣れていたので粘ってしまった。


 テトラを南端まで流し、隣の小高ドッグに移動。トーナメントブックを見て禁止エリアを確認してから釣り開始。7gのフットボールジグをキャストすると数等目、着水直後にいきなりバイト。1匹目より大きなバスで、夢中でボートに抜き上げた。このとき12:20。帰着時間は13:10なので、もう時間がない。そのあとダッシュでドッグを2個撃ったがバスを追加できず帰着に向かう。


 常陸利根川に帰ってきて、着替えてボートにフェンダーを付けて、会場横のテトラを撃つ。ルアーはもちろんラバージグだ。10分ほど釣りをしたが、リミットメイクできないまま帰着した。


 検量すると、2本で1040g。順位は29位(138人中)だった。全体的にローウエイトで1255gで賞金圏内(15位)だった。もう1匹釣れればよかったのだが、プラで決めたことを実行し、そのとおり釣れたので、悔いはない。干拓のテトラでちょっと時間をかけすぎたが、全体的には順調な展開の試合だったと思う。


 友人の増崎選手が年間優勝でした。おめでとうございます。

 
検量したバス / スタート前の様子

 
今回の表彰台 / 年間順位

JB霞ヶ浦 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -

JB霞ヶ浦第3戦(2008/9/7)

 プラクティスは2週前に2日間、1週間前に1日、そして前日に入った。最近のゲリラ豪雨で、霞ヶ浦の水は激しく増減水していた。


 2週間前は、プラクティス中に減水。1週間前は護岸の上まで浸水するくらいの増水。そして前日には平水に近づくくらい減水していた。


 しかもバスがあまり釣れず、魚のポジションを把握できないまま試合の日が来てしまった。


 そして、最近毎日東よりの風が吹いていたので、東岸の牛堀、麻生、玉造を中心に釣って行くことにしていた。西岸は全体的に水質が悪い上、試合中に荒れて入れなくなる可能性があったからだ。


 試合開始後はまず、2週間前にキロフィッシュが釣れた麻生の石積みからスタート。このあたりは相変わらず水質がいい。ノーシンカーリグを中心に釣りはじめるが、バイトがない。よく見ると、2週間前から前日までいたベイトフィッシュ(ボラの稚魚など)がすっかりいなくなっていることに気づいた。


 このストレッチで1匹でも釣れれば、ルアーローテーションなどをして粘ろうと思っていたのだが、早めに移動。


 近くの杭を撃つとバイト!しかし残念ながらキャットフィッシュ。


 その隣にあるアシに移動。エレキで近づきながら、まず手前の杭にキャスト。ミスキャストで杭からちょっと離れたところに落ちたルアーをピックアップしようとしたときにバイト!上がってきた魚は本命のバス
だ。それほど大きくなかったのでそのままボートの上に抜き上げた。


 釣れちゃったバス。。。ちょっと微妙だがトーナメント中なので釣れればなんでもokだ。


 その後もカバーから離れたところで1回バイトがあった。プラクティスならこれをヒントに違う釣り方を変えていってもいいのなだ、5時間のトーナメントではそんな時間もない。


 そのままアシを流していく。途中で、なんかエレキが遅いなぁと気づく。ペラにラインでも絡んだか確認してみるが異常なし。もしや、バッテリー?バッテリーチェッカーで確認すると、1個のバッテリーがほとんど空っぽだ。


 実は前日プラ終了後、バッテリーを交換するのを忘れたことに朝ボートを降ろす直前に気づいていた。そこでバッテリーチェッカーで電圧を確認したときは異常がなかった。普段も2日間くらい持つのでそのまま出てしまったのが失敗だった。


 クランキング用のバッテリーが一番元気だったので、それをエレキ用にし、やや弱ったバッテリーをクランキング用につなぎ変えた。


 水門の開放により、常陸利根川の会場前は大激流だった。そこでエレキ全開でボートを係留したこともダメージの原因だろう。


 24Vのエレキが12Vになってしまったが、13:00までの辛抱だ。


 ジャカゴを流してもエレキが遅くてリズムが悪いので、ドッグのランガンに切り替えることにした。これだと、エンジンで移動し、エレキはそれほど使わないからだ。


 近くのドッグに移動。特に先端の石積みを丹念に釣っていく。ここはスモラバの中層スイミング、ボトムずる引きで狙っていく。


 ずる引き中にラインがスーッと走るバイト!しかしすっぽ抜けてしまった。分からないが、キャットのギューンという走りではなく、なんとなくバスが走ったような感触だった。ドラグが緩めで、フッキングが甘かったのかと思いちょっと締めた。


 その後もドッグをランガンしていく。ドッグ横の石積みを撃つと、バイト!しかしドラグのジッという音とともにあわせ切れ。あの重量感はキャットフィッシュだと思うが、ピッチングの接近戦に対してドラグを締めすぎたか?


 こんな感じで、転々と釣っていって、どこかでポロッと釣れればと思い、ランガンしていった。


 エレキのトラブルでネガティブだった気分からも立ち直り、ノリノリで釣りをしていったのだが、残念ながらタイムアップ。


 釣れちゃった1匹のまま帰着に向かった。445gで76位(146人中)だった。


 優勝は、本湖の杭でいいサイズを拾ってきて3610gを検量した柏木さん。上位のコメントには減水にもかかわらず、本湖のアシという言葉が混ざっていた。


 さて、今週末の野尻湖に向けて気持ちとタックルを切り替えます。


  
大山スロープ工事中 / 水がガンガン流れています

 
検量したバス / 表彰台

JB霞ヶ浦 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -

JB霞ヶ浦第2戦(2008/6/8)

■プラクティス
 プラは1週前に2日入った。1日は東岸のシャローを撃って同船者と1匹ずつ。2日目は西岸の浚渫で釣りをして、こちらでも同船者と1匹ずつ。しかし、浚渫のバスは約1200g、約800gとサイズが良かったので、試合では浚渫をメインで釣っていくことにした。


 浚渫で釣れたルアーは、私は相変わらずフットボールジグ、同船者はテキサスリグだった。


 JB霞ヶ浦の優勝ウエイトはだいたい3キロくらいなので、浚渫で3匹釣れば優勝がからむのだ。時期的にもちょうど良く、非常に優勝を狙える試合だと思った。



■試合当日
 今回も仕事の都合で前日プラはできなかった。前日の22時ころマリーナに到着し、そのまま車中泊。朝5時に起きて準備を開始。牛堀会場の場合、受付は6:30からなので、ゆっくり準備をし会場に向かった。


 ミーティングが終了し、第2フライトの最後の方にスタート。天気はどんより曇っていて、雨でも降ってきそうだ。いかにも梅雨っていう感じで、浚渫が調子よさそうな予感だ。


 今回は、大山、古渡、美浦の浚渫のピンスポットを転々と回っていく予定だった。しかしその前にちょっと寄り道をし、杭のエリアをひと流しだけすることにした。杭をガードつきのラバージグでさらっと撃っていった。ここで1匹でもポロっと釣れればそのあとの展開が非常に楽になるのだが、残念ながら不発。


 本命の浚渫エリアに移動した。大山の浚渫エリアに行くと、先行者が3人いた。まずは真ん中のハンプから釣りはじめた。クランクベイト、フットボールジグ、ダウンショットリグと、ひと通りチェックするが反応なし。


 小移動し、水中岬の上のハードボトムを釣る。ダウンショットリグにギルらしきバイトがあったので、バスもいるかな?と期待したのだが、バスのバイトがない。


 次は古渡に移動。ピンポイントを3ヵ所回ったが、ニゴイが1匹釣れただけだった。ここでも何人かの選手が粘っていた。釣れて粘っているのか、釣れなくても粘っているのか?


 再度大山に戻る。朝とは別のハンプを釣り込んでみるが、相変わらず不発。キャットフィッシュらしきバイトがあっただけだ。


 最後に美浦の浚渫に移動し、時間いっぱい釣りこんだが、まったく反応なし。ノーフィッシュで帰着した。


 結局、上位入賞者に浚渫の人はいなかたた。浚渫を釣っていた選手に終わってから結果を聞いてもいい返事は返ってこなかった。どんより曇っていて、一見良さそうだったのだが、風がほとんど吹かなかったので、逆に魚が口を使わなかったのか?


 優勝は本湖のアシなどがあるシャローを回って3300gを釣ってきた篠塚選手だった。


 
 プラで浚渫で釣れたバス / プラで同船した会社の後輩

JB霞ヶ浦 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -

JB霞ヶ浦第1戦(2008/5/11)

■プラクティス
 1週間前がゴールデンウィークと重なったので、プラクティスは5/1,2,3のみ3日間行った。しかし、5/1:ノーフィッシュ、5/2:500〜600gを3匹、5/3:ノーフィッシュと釣果は厳しいものだった。おまけに5/2の夕方からエンジンの調子が悪くなり、5/3はまともに釣りができなかった。いつも乱暴に扱っているスプリントの逆襲だ。


 しかし、大会に向けてちょっと望みはあった。釣れた3匹というのが、1ヶ所のストレッチで、魚影が非常に濃いと思われた。ここはスポーニングの時期に実績がある場所なので、大会でも使えることを祈るばかりだった。



■試合当日
 仕事の都合で前日プラはできなかった。夜中の12時ころマリーナに到着し、雨の中、車中泊で5時まで眠る。


 起きてから雨の中準備開始。心配していたボートのエンジンもかかり、無事受付完了。


 スタート後、他の場所には脇目も振らず、プラで釣れた場所を目指す。エンジンもだましだましだが動いてくれて、なんとか到着。幸い先行者もいなかった。


 まずはウォーミングアップも兼ねて、クランクベイトで軽くチェック。そのあと、プラで釣れたリグでアシを撃つ。毎回言うがJB霞ヶ浦は時間も短い(約5時間)ので、魚がいる確認を持って、1ヵ所を丁寧に撃つ予定だ。


 まもなく、予定通りバイト!しかし、サイズが小さい。もしかして、ノンキーパー(25cm)?まさかなと思いながらキーパースケールを当てると、23cmくらいしかない。。。


 キープできなかったが、魚がいる確信は高まったので、より集中力が増して釣りができた。


 さらにアシを流していくとまたバイト!今度は余裕でキーパーサイズだ。ネットで慎重にランディングした。予定通り、プラで釣れていた500g位のバスが釣れた。


 さらに、ギルまで釣れてしまった。ま、プラでは魚が釣れない場所ではギルすら釣れなかったので、魚影が濃いのはいいことだ。。。


 その後も、バイト?と思うような感触が2回ほどあったがフッキングには至らない。


 ちょっと移動し、小さな流れ込みのアシを撃つ。ここもプラで釣れた場所なので丁寧に撃つが不発。


 さらに、1週間前のプラでは入らなかったが、過去に釣れたアシを撃つ。アシを撃っていると沈船を発見。アシを撃ちながら、沈船ををどう撃とうかな?と考えているとバイト!1匹目より大きく、冷や冷やしながらやり取りするが、無事ランディング。


 だんだん時間がなくなってきた。このときだいたい11:30くらい。隣の沈船では釣れず、3本釣れれば賞金圏内に入れるかな?などと考えながら、さらに時間いっぱいアシを流す。


 結局3匹目は釣れずに終了。エンジンの調子が悪いので、早めに帰着に向かった。順調に帰ってこられたので、スタート地点付近のテトラで悪あがきをする。20分くらい釣り込んだが、バイトはなく帰着。


 検量してみると、2本で1260g。順位は26位だった。あと1匹釣れていれば賞金圏内(15位)に入れそうだった。


 デジカメの充電を忘れて、あまり写真が撮れませんでした。魚を持った写真は園山選手の携帯電話で撮ってもらいました。



検量した2匹のバス

JB霞ヶ浦 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -